水素水良くある質問

気になる水素水の効果とメリットとは?
水素水に関するQ&Aから効率的な活用法を
まとめておさらいしてみましょう!

質問Q1:水素水はなぜ料金が高いのですか?

答え水素水におけるよくある質問と回答ランキングをご紹介していきたいと思います。初めにもっともよく質問されるのが、水素水はなぜ高いのか?という質問なのですが、水素水が一般的な水よりも高い理由はその製造工程にあります。

水素水は天然水などに水素を特殊な技術により溶解させているので、その分コストがかかっています。これが一般的な水よりもコストが高い主な理由ですが、この他にもせっかく溶かした水素が逃げないよう鮮度を保つために容器についてもアルミパウチで密封したりといった工夫がされています。

また使用する水自体も品質の良い天然水などをわざわざ汲み上げたりしているので、どうしてもコストが高くなってしまうのですが、その分健康効果も得られるのです。

質問Q2:溶存水素量ってなんですか?

答え次に多いのが溶解水素量についての質問ですが、溶解水素量とは該当する水の中にどれくらいの水素が含まれているかを測定した数値となります。
実は水素量の測定においては、これまで標準液との電圧差に基づいて算出される溶存水素計=DHメーターと言われるものが用いられており、そこから得られる値は正確には水素量を測ったものであるとは言えませんでした。

一部の製造メーカーでは、白金製の電極を使用して、水素分子を正確に測定する測定器を所持している所もありますが、大変高額なため、一般家庭ではなかなか正確な数値を計ることはできませんでした。ただし、簡易測定の方法として、メチレンブルーを使用した測定法もあります。

ところがこの水の中の水素量を正確に分子の数に至るまで測定することのできる、メチレンブルー滴定法と呼ばれる化学的な測定法が世界で初めて開発されやっと正確な溶解水素量がわかるようになったのです。この測定法を用いて、今では1.6ppmというような値で水素量を表しています。

質問Q3:炭酸のように開封したら水素は抜けるの?

答え炭酸飲料は栓を開けたままにしておくと、そこからどんどん炭酸が抜けていってしまいますが、水素水も同様に空気に触れると水素の持つ還元力が失われてしまいます。
このため、水素水は完全密封のアルミパウチのような容器に入っているのが主流であり、飲み残した場合には空気を抜いて、しっかりと栓をしめることをオススメします。

また、たとえ栓を閉めていたとしてもペットボトル型の水素水では、そもそもペットボトルの素材よりも水素の分子の方が小さいため、ペットボトルからどんどん水素が抜けていってしまうということもありますので、どのような容器に入っているかについても注意する必要があります。水素水はその鮮度も重要なため、開封後はできるだけ早めに飲みきってしまうのが良いでしょう。

質問Q4:水素水を凍らせてもいいですか?

答え夏の暑い日には水素水を凍らせて運動の時などに飲みたいものですが、水素は空気に触れるとどんどん逃げて行ってしまい還元力が失われてしまうので、水素水を別の容器に移し替えて凍らせることはオススメしません。
アルミパウチ容器に入った水素水をそのままの状態で凍らせるのであれば、中の水素が逃げる心配はありません。開封後に空気を抜けば、水素濃度はある程度維持できます。とはいえあまりにも時間が経ってしまうとやはり水素が逃げてしまうので、できるだけ早く飲みきってしまうことをオススメします。

また、アルミパウチごと凍らせる場合には中の液体が膨張してパウチが破れてしまう可能性がありますので注意が必要です。余談ですが、水素水を沸騰させると水素が一気に蒸発してしまうので要注意です。

質問Q5:普通の水には水素は溶けてないの?

答え水素は元素記号「H」で表され、元素の中でももっとも小さく宇宙でもっとも多く存在している物質です。その量は宇宙全体の中のおよそ7割を占めるとも言われていますが、地球上の自然界においてはほとんど気体で存在していない物質です。

ご存知のとおり水の元素は「H2O」ですので、水の中に水素が含まれていると思われるかもしれません。
確かに水=H2Oは、水素=Hと酸素=O2からできているものの、この水=H2Oはとても安定して結合している物質のため、実際にはそのままの状態では水素を分離することはできないのです。
このため、通常の水を飲むだけでは水素は摂取できないので、水素水を取る必要があるのです。

質問Q6:他のものと混ぜても効果は減らない?

答え水素水を他のものを混ぜてもその効果は失われませんが、酸化物と混ぜてしまうと酸化還元電位がプラスになってしまい、せっかくの水素水の効力が失われてしまいますので注意が必要です。

また、水素水でコーヒーやお茶を入れる際に、水素水を沸騰させてしまうと水素が逃げてしまいその効果がなくなってしまいますので、水素水サーバーから温水で出した水素水、またはアルミパウチの容器ごと温めた水素水にインスタントコーヒーを溶かす、お茶パックを使用するという形であれば問題ありません。

また、水素水はまろやかで味がおいしいという特性があるため、ウィスキーや焼酎などの水割りに使うとよりおいしくお酒を楽しむことができるのでぜひ試してみてください。