水素水の紹介

自然界に存在する水素の安全性や医学的に実証された
水素水の実力について検証し、
その特徴を詳細に説明

多くの水の種類の中で、医学的に効果が実証されたのは水素水!!

ふつう水というと、誰しも蛇口を捻ると出てくる水道水を想像しますが、水といってもその種類はいろいろです。もうすっかり生活に欠かせないものとなったミネラル成分を多く含んだミネラルウォーターをはじめ、ph値が9~10のアルカリイオン水、還元電位がマイナスに高い還元水、二酸化酸素の濃度が高い炭酸水、酸素が豊富な酸素水などは、すべて水の仲間です。

そんな中で、とりわけ水素水が脚光を浴びているのは、水素水には、一切副作用なく身体の中から人を健康にする作用があることが解明できたからです。
アメリカの国際的な学術誌であるネイチャー メディシンに発表された日本医科大学太田教授の論文で、水素分子が身体への好影響を与えることが報告されて、医学的にも、その信憑性の高さが認められています。

水素水の濃度とその特徴、容器開発について

水素水の濃度は高ければ高いほど効果的といわれていますが、それならなぜ10ppmや20ppmといった凄い数値の濃度が現れないのか、不思議に思っている人も多いでしょう。
実は、水素には飽和点があり、その数値はだいたい1.6ppm程度とされています。製造過程で強い圧力をかけて水素を高濃度にしても、一回、蓋を開けてしまった瞬間に、水素水の中の水素は空中に放出されて、1.6ppmまで下がってしまう性質があるのです。

もう一点、注意が必要なのは、この最高値の1.6ppmも水素の充填が終わった直後に測定された数値で、どれほど機密性を高めた容器でも、注文して手元に届く頃には、ある程度の減少は避けられないという現実です。
メーカーは、こうした水素の特徴を考えて、収納容器の開発に取組み、可能な限り減少を抑えるバックを採用するようになっています。充填時の濃度のみを記載する商品には品質面で不安、、、注意が必要でしょう。

自然界に存在している水素水の安全性とは?

水素と聞くと、一見、なにか特別な薬物や化学成分、ときには爆弾を想像することもあるようですが、水素は宇宙にもっとも多く存在する分子(H2)で、また、宇宙で一番軽い元素(H)です。

さらに、水素自体が、厚生労働省から食品添加物の認定を受けているので、なんら危険な要素はありません。一方で、水素水の原料として使われることがおおい天然水は、製品化の過程で、放射能の測定や大腸菌の検査、さまざまな有害な生菌の検査が行われています。このランキングに登場する知名度の高い水素水メーカーは、各社厳格な安全基準を設けて製造を行っているので、安全性への危惧はほとんどないと言えます。