水素水販売タイプの特徴

健康や美容に気を付けている人必見の
水素水を選ぶ際に注意したいパッケージタイプについて

サーバー型の特徴

健康と美容効果を求める人に今大人気の水素水ですが、選べるパッケージのタイプを比較して利用度の高いランキングから自分にぴったりの活用法を探してみましょう。

まずは、水素水をいつでも好きな時に手軽に飲むことのできるサーバー型の特徴としては、何といってもコストパフォーマンスに優れている点にあります。
ガロンボトルを取り換えるタイプだと宅配の対応やボトル交換が煩わしいのですが、水道水に直結したサーバー型であれば面倒な手間もなくかかるコストは水道代と電気代だけなのでメリットがあります。

アルミパウチ型の特徴

現在発売されている水素水でもっとも主流となっているのが、このアルミパウチ型の水素水です。値段やサイズもとても手頃なので、初めて購入する際などには買いやすいでしょう。アルミパウチの中の空気を抜いて保存しているので、水素濃度がキープされた状態のまま飲める点もメリットがあります。

ただし、サーバー型と比較するとコストパフォーマンスは悪くなります。

ただし、個別包装されており持ち運びに便利なサイズとして完全密封されているので、仕事や運動の際に持っていくのであれば利用シーンは広がりますし、新鮮な水素水をいつでも飲めるというメリットがあります。

アルミ缶型の特徴

アルミ缶型の水素水の特徴としては、開封時の測定でも水素濃度や酸化還元電位がしっかりと測定できているので、水素水としての品質は保たれているという点があげられます。また、アルミパウチ型と比較して安いものもあれば高いものもあるという点もあります。

アルミ缶型の水素水のデメリットとしては、保存がきかないという点にあります。例えば、アルミ缶に入った水素水を半分飲んだとすると、残りの半分はすでに空気に触れてしまっているのでそこから急速に還元力が失われてしまうのです。

一気に水素水を飲んでしまう場合には問題ありませんが、少しずつ小分けにして飲みたいという人には、アルミパウチ型の水素水の方が使い勝手はいいでしょう。