水素水販売タイプの特徴(2)

選べる豊富なパッケージの種類とは?
自分に合ったものを選んで
賢く水素水を生活に取り入れましょう!

ペットボトル型の特徴

水素水のパッケージおすすめランキングの中には、サーバー型やアルミパウチ型の他にもまだまだいろいろあります。
例えば、飲料水のパッケージとして主流となっているペットボトル型では、価格が非常に安く水素水の主流となっているアルミパウチ型と比較するとその単価はかなり下がります。

ただし、ペットボトルを構成しているPET樹脂よりも水素の分子の方が小さいためせっかく配合されている水素が抜け出てしまうという致命的なデメリットがあります。
このため、水素水として販売されているペットボトル型の飲料水は、水素水としての効果を求めるのであれば買わない方が無難でしょう。
もちろん水素水おすすめパッケージランキングにも入りません。

スティック型の特徴

スティック型水素水とは、マグネシウムなどの水素を発生することのできる物質が、スティック状で入っていてこのスティックを水の中に入れることによって水素を発生させるというしくみになっています。
価格としては多少割高ですが、使用期間としては3か月から6か月、1年といった長期使用が可能なタイプが多いのでコストパフォーマンスとしては良いほうだと思います。

ただし、長期使用することでどうしても酸化還元力が落ちていってしまうものが多く、味もあまりおいしいと感じるものは少ないようです。
やはりアルミパック型のような鮮度と味を保つのは構造的に多少無理があるので、こちらも水素水のパワーをしっかりと享受したいのであればオススメはしません。

サプリメントタイプの特徴

手軽に水素を体内に取り入れることのできるサプリメントタイプは、水素をぎゅっと凝縮して固体化することで手軽に摂取することができるように作られているので、1日にたくさんの水を飲むのが苦手な人や手軽に水素を摂取したい人におすすめのタイプです。
錠剤を数錠飲めばいいので時間のない人に最適と言えるでしょう。

水素サプリメントは製造過程において凝固剤を使用しているのですが、水素の持つ効果を維持するためには定期的にサプリメントを摂取する必要があるので、本当に、一生飲み続けられるかどうか、不安も残ります。まだ登場したばかりで、安全性に疑問があります。

まとめ

最終的にオススメの水素水比較ランキングをまとめると、コストパフォーマンスの点や利用上の手軽さ、品質の高さからもっともオススメなのはアルミパウチ型であると言えると思います。現在販売されている水素水のパッケージタイプの中でももっとも主流となっているタイプであり、種類や値段も豊富に選べるのも特徴的です。

水素水のメリットを享受したいのであれば、とにかく継続することが最大のポイントなるので何よりも続けやすい環境を作り出すことが大切になるのです。